News

2018/08/24

設計スタッフ・家具担当スタッフを募集しています

スキーマ建築計画では、設計スタッフと家具担当スタッフを募集しています。

店舗、住宅、オフィス、ホテル、工場など多種多様な建築物やインテリアの設計・デザインだけでなく、その中の家具やランドスケープ含め、広く「建築」を行なっています。
活動の幅も国内にとどまらず海外にまで拡がり、日々多くの案件を扱っています。

今回は、新卒の方と、プロジェクトに即戦力として関わって頂ける設計経験者の方を募集しております。
多様なプロジェクトが溢れる環境下で実践力を身につけていきたい方。
過去に設計事務所で経験を積まれ、さらなる経験を積みたい方。独立前に設計の幅をより広げたい方。
あるいは、ゆくゆくはスキーマ建築計画から自分のプロジェクトとして発表したいと考える方。
クライアントと直接コミュニケーションを取り、企画・提案・監理まで責任を持ってプロジェクトに取り組んで頂きます。

また、併せて家具担当スタッフも募集します。
通常、設計事務所に「家具担当」を設けることは珍しいかと思いますが、大きなプロジェクトが増えていくにつれて、なかなか目の行き届かないミクロの視点を補填しコントロールできるよう、スキーマ建築計画では昨年より「家具担当」を設けました。
ミラノサローネには毎年参加しており、新作家具の発表も行なっています。
空間と家具のつながりに興味を持っている方。家具の可能性を求めている方。
家具メーカーよりも多くの家具に触れることができる環境の中で働いてみませんか。

[応募資格]
■設計スタッフ
新卒:建築・美術系大学卒業の方
中途:設計監理実務経験 3年以上の方
■家具担当スタッフ:建築・美術系大学卒業の方

[採用条件]
■設計力、デザイン力に秀でた方(Vectorworks、Illustrator、Photoshop必須。環境Mac。)
■コミュニケーション能力に秀でた方
■英語力がある方優遇
■資格による優遇あり

[給与]
■新卒:設計担当スタッフ(1人で物件を担当できる能力があると判断された場合 18万円以上/アシスタント 15万円以上)
■中途:5年以上25万円以上
昇給は能力に応じて随時
賞与は業績による(過去3年で年2回給付実績)
交通費別途支給

[待遇]
■休日休暇:土日祝祭日、ゴールデンウィーク、夏期・年末年始
■福利厚生:社会保険完備、健康診断有り

[勤務地]
107-0061 東京都港区北青山3-12-7 カプリース青山3F
表参道駅より徒歩5分

[参考]
■書籍情報:
Jo Nagasaka/ Schemata Architects (FRAME出版)
B面がA面にかわるとき [増補版](鹿島出版)
長坂常 | 常に思っていること Jo Nagasaka: On My Mind [現代建築家コンセプト・シリーズ23](LIXIL出版)
■インタビュー:
designboom
10+1 web site
100BANCH

[お問い合わせ・応募資料送付先]
履歴書、志望動機、ポートフォリオ(5MB以下)を
recruit@schemata.jp(担当:日向)まで送付ください。
書類審査後、面接のうえ、試用期間を経て採用となります。
※試用期間は2週間~1ヶ月程度(日給:社内規定による)

architecturephoto jobboardCULTURE WORKSからもご応募頂けます。

2018/08/10

夏季休暇のお知らせ

夏季休暇のお知らせ

暑中お見舞い申し上げます。
平素より、格別なる厚情を賜り厚く御礼申し上げます。

弊社では誠に勝手ながら下記の期間中、夏季休業のため、
事務所をお休みさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

●夏季休業期間
2018年8月11日(土)〜2018年8月19日(日)

2018/06/22

亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界

この度、EYE OF GYREにて開催されます展覧会「亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界」の展示構成を担当、あわせて家具の展示を行ないます。

日本の伝統文化である江戸小紋を染め続けてきた廣瀬染工場の100周年を記念して、反物や着物が展示されます。
また、展示家具は、長坂常が廣瀬染工場4代目・廣瀬雄一氏とコラボレーションをし製作をしました。
実験的な反物や着物の製作に関わり、江戸小紋の在り方を今一度捉え直す機会となっております。

お近くにお立ち寄りの際は、是非お越しくださいませ。

亜空間として形成する伊勢型紙・江戸小紋の世界
廣瀬染工場創業100周年記念
長坂常(建築家) × 廣瀬雄一(江戸小紋職人)

会期:2018年7月17日(火) – 8月26日(日)   11時 – 20時
会場:EYE OF GYRE /GYRE3F 渋谷区神宮前5−10−1
主催:ジャイル
企画:生駒芳子(ファッション ジャーナリスト)
監修:飯田高誉(スクール デレック芸術社会学研究所所長)
グラフィックデザイン:長嶋りかこ(village ®)
制作協力:廣瀬染工場
協力:HiRAO INC.

トークセッション:7月19日(木)19:00〜20:00
長坂常×廣瀬雄一 モデレーター=生駒芳子

2018/04/13

Domaine de Boisbuchet Workshop

 

2018年7月8日(日)から2018年7月14日(土)の7日間、長坂常がフランスのDomaine de Boisbuchetで、家具のワークショップを行ないます。

Vitra Museum創立者のAlexander von Vegesackが創立したBoisbuchetのワークショップでは、様々な建築家・アーティスト・デザイナーが、参加者と合宿形式で作品を制作します。

日本の伝統的な木工技法「うづくり」、青森に古くから伝わる伝統工芸「津軽塗」、この二つの手法を組み合わせて生まれた「ColoRing」の制作をワークショップで行ないます。

是非ご参加ください。

Domaine de Boisbuchet – “Good-Look Wood” by Jo Nagasaka

_____

Jo is having a summer workshop entitled “Good-Look Wood” at Domaine de Boisbuchet, France from 8 to 14 July 2018.
Hope you to join the workshop this summer!

 

“Udukuri” is a Japanese traditional craft technique highlighting the beauty of wood by polishing and leaving the wood grain as pattern.
“Tsugaru Lacquer” is a traditional Japanese lacquer ware. It is at first applied to the uneven wood surface and then some layers of colour are added. After polishing the surface flat, you are getting a coloured grain pattern on a smooth surface.
In this workshop you are going to learn both traditional techniques and combine them in a fusion that we have coined “ColoRing”. This new method featuring the wood grain while offering its uneven surface coloured was published for the first time at Milano’s Salone del Mobile in 2013.

 

Summer workshop: Good-Look Wood
Dates: 8 – 14 July 2018
Tutor: Jo Nagasaka
Type of workshop: Structure / Product / Furniture
Prices: From € 944 to € 1264 (incl. tuition, materials, food, accommodation and activities)
Venue: Domaine de Boisbuchet, 16500, Lessac, France
Contact: info@boisbuchet.org / +33 (0) 5 45 30 65 57

2017/12/29

冬季休暇のお知らせ

冬季休暇のお知らせ

2017年12月29日(金)〜2018年1月8日(月)

冬期休暇をいただきます。
みなさんよいお年をお迎えください。